子どもと保育実践研究会 2020年度 冬季セミナー
 *12/25 システム修正いたしました。システムの都合上、事前登録者の方へいったんキャンセルのご連絡が送られましたが、修正登録処理は完了しております。
 ご心配ご迷惑おかけいたしました。
 

チラシダウンロード

コロナ禍において保育の質を考える
〜いま、私たちにできること〜

 コロナ禍にあって、保育・幼児教育をめぐって起こった出来事を、今年の春からこれまでを振り返っても、様々な問題や課題が見えてきました。幼保をめぐる制度上の問題はもちろんのこと、保育人数の適正規模や園行事のやり方等、これまであまり深く考えることができなかった問題や課題が、コロナ禍であったからこそ見えてきたともいえます。また、対面での研修等ができないこともあって、各園がそれぞれ独自に、地域や園の状況に応じて、保育を考えざるを得なかったことも、「保育とは何か」を考えるいい機会になったともいえます。
 そこで、今回の冬季セミナーでは、コロナ禍を通して改めて見えてきた「保育の質」について考えてみたいと思います。今回の冬季セミナーは初めてのオンラインでの開催となります。多くの皆様の参加をお待ちしています。

日時

2020年1月10日(日) 13:00〜16:00 (12:45 受付開始)

開催方法

WEB会議システムZoomウェビナー

定員

1000名(先着順)
タイムテーブル

13:00〜13:10 開催挨拶 渡辺英則(港北幼稚園・ゆうゆうのもり幼保園)

 

13:10〜14:10  講演&対談 「保育を学ぶ」ということ 
講 演 
佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)   
対 談 
佐伯 胖(田園調布学園大学 大学院)
岩田恵子(玉川大学)

14:10〜14:25  休憩 

14:25〜15:55 実践提案&シンポジウム

コーディネーター 
三谷大紀(関東学院大学) 

実践提案 
西井宏之(白梅学園大学附属白梅幼稚園)          

シンポジウム 
シンポジスト 
大豆生田啓友(玉川大学)
木村 創(認定向山こども園)
嶋景子(聖心女子大学)
   

参加費

*会員の方は、会員割引が適用されます。
*参加申込の際、2020年度年会費をお支払いただいた場合、会員参加費でお申込みいただけます。会員年会費等は >> こちら
*ご入金後キャンセルの場合は返金できません。
参加費
会員

2,600円

一般

6,000円

学生 1,300円

お申込み方法

申込締切:2021年1月5日12:00まで ※申込期限を延長しました。

●申込サイトからお申込み

以下のURLよりお申込みください。
<個人で申込される方>
https://kodomotohoiku2020winter.peatix.com/
<団体会員の方及び会員で複数名申込される方>
https://kodomotohoiku2020winter-group.peatix.com/
※申込時にクレジットカードまたはコンビニ支払いでご入金いただけます。

●上記申込サイトからお申込みできない場合は、edu@kir.jp宛にメールにてお問い合わせください。

その他

*12/25 システム修正いたしました。システムの都合上、事前登録者の方へいったんキャンセルのご連絡が送られましたが、修正登録処理は完了しております。
 ご心配ご迷惑おかけいたしました。

*申込み・入金された方には事前接続確認のアクセス先及び当日のアクセス先をメールにてお知らせいたします。
*事前接続確認日時 12月19日(土)14:00〜15:00 1月10日(日)10:00〜11:00
必ず事前接続確認及びチャット入力確認を行ってください。
*当日セミナー開始時刻以降の接続に関する問い合わせ、主催者都合ではない視聴不可に関する返金は行いません。
*過去の冬季セミナー一覧はこちらからご覧いただけます。
*過去の夏季全国大会一覧はこちらからご覧いただけます。